効果が数字で現れるマーケティングオートメーション

弱者戦略とは、渓谷等の隘路な地形を利用し、初期兵員の投入数が心ばかりののであれば局地的に1:1もしくは1:Nの相手より戦闘力を上回ることができる戦場を用意するか、自勢力に武器の性能比を有利にすることで勝利すること。しかし企業ブランドやコストパフォーマンス等性能比を求める式の要因は複数あり、精度の沖雲性能比を求めることが困難である。

 

経営戦略にランチェスターの法則を直接当てはめる場合、初期の兵員数と法則の変数である武器性能比を定義する必要がある。性能比が劣っているのであれば強者戦略とは性能比を無視できる兵員を投入することができる戦場を用意するか、同等に武器の性能比を戻すことで兵員数により圧倒し勝利すること。

 

商品の性能差と武器の性能比は定義できるが、同世代の機能を競合する商品がもっており性能が商品として一定水準以上の品質であることが条件となる。よって直接ランチェスターの法則を経営戦略に当てはめることはし兼ねる。

 

事務・営業・開発等の各部署の人員と初期の兵員数は定義できるが、最適な部署の人員が常に遅滞なく業務が遂行できることが前提としての条件となる。ランチェスターの法則はもともと近代戦闘に前提条件を設け、短期的な限定空間における戦闘について考察したものであるので、物事を長期スパンの年月で考察する経営戦略においては様々な現実における要因を加味すると方程式をそのまま流用できず、性能比の計算に要因を押し込めた場合性能比を求める式が複雑化し精度を出せなくなるため、分析手法の評価式として式そのものは採用できず経営戦略の考え方の一つとして見ることに留まる。

 

しかし、営業先の面積当たりの数は有限であり、人員を投入すれば新商品の開発は解決する業務ではないので、過大に人員を投入することも困難である。